魯山人と九谷美陶園

北大路魯山人と九谷焼(陶芸)の出会い

北大路魯山人は1915年(大正4年)金沢の細野燕台(骨董屋、茶人、書家)に才能を認められた魯山人は、細野家で開かれた茶会で吉野治郎(吉野屋旅館、現在は魯山人寓居跡いろは草庵)、須田菁華(初代)、大田多吉(料亭山の尾)に紹介され看板を彫ることが決まったといわれています。現在でも山代温泉の旅館には魯山人の彫った看板がいくつか実在しており実際見ることができます。

須田菁華の工房で初めて陶芸を習った魯山人は才能を開花させ、その後多くの作品を残しました。
 

九谷美陶園の成り立ちと北大路魯山人の関係

丁度同じころ1914年(大正3年)寺前為吉が寺前商店(後の九谷美陶園)を始めた年でした。寺前家は山代温泉の専光寺の前で味噌や醤油を売ってましたが、為吉の父、寺前善吉が北出宇与門と兄弟でそれぞれ寺前家、北出家に加賀市栄谷の谷口家から養子に入りました。北出家は塔次郎、不二夫を輩出し陶芸家の道を進みました。寺前家は為吉の長男為一に陶芸の道、長女の美代に寺井の山岸家(山岸政明、雄三、大成を輩出)から英一を養子に迎え九谷美陶園を継がせました。英一と美代は渋谷道玄坂の百件店に支店を出したが関東大震災で店を焼失し山代で九谷焼の生地を作るメーカーとして再出発をしました。
寺前為吉

北大路魯山人の最後の弟子 平野雅章とのコラボ商品について
英一の長男英夫は東京でサラリーマンをしていましたが、英一が高齢になったため58歳で美陶園を継ぎました。魯山人最後の弟子で知られる平野雅章とコラボし九谷美陶園は魯山人写しシリーズを開発しヒット商品になりました。平野雅章氏は料理の鉄人の審査員として活躍された、料理の鉄人でご活躍された道場六三郎さんも山中温泉出身で九谷美陶園の器を使っていただいておりました。
 魯山人写し 赤絵小紋様湯呑

魯山人写し 手起し牡丹文様お茶碗(小)

魯山人写し 染付蟹文尺一楕円皿

魯山人写し 双魚文五寸皿

魯山人に関連する商品の紹介