山代温泉の美味しいお寿司屋さん亀寿司

私たちの大好きな地元山代温泉の亀寿司さん。
いつも美陶園の器を使っていただいており、九谷焼x北陸の最高のお寿司でもてなしてくださいます。今回もご使用いただき大変嬉しく思いました。

先日訪問させていただいた時もなじみのお客様や観光客の方々が最高のお料理、お寿司、お酒と大変楽しい時間を堪能していました。

大事な人と頂くお料理。このお料理と、それを一層引き立てる彩りある器、そして亀寿司さんの店構えが醸し出す背筋が伸びるような緊張感と暖かなおもてなしの中で、自然とたくさんの笑顔が溢れます。

山代温泉にお越しの際は是非!山代温泉 亀寿司で探してみてください。

Instagram→ https://www.instagram.com/kutani_bitouen/

銀座ギャラリー門様は日本全国の産地の器を取りそろえている銀座の器専門店です。
昨年12月には九谷美陶園の展示販売会を一か月やって頂きました。

店長の新潟様はじめスタッフの皆さまも器についてよくご存じでお客様の疑問に丁寧にお答えいただけます。
今回も豆皿、箸置き、お皿、蕎麦猪口等の器を展示販売して頂いております。
ギヤラリー門様Facebookページでご紹介いただきました。

店頭の常設作品のご紹介です🚩美しい色彩、石川県九谷焼『美陶園』の器いろいろ。1枚目から、木瓜型豆皿〜菊型蝶文6寸皿〜なずな文小皿です。透き通るカラフルな釉薬が、お料理に瑞々しさを与えてくれる様…どこかホッと和むような、温もりも感じ取…

銀座器ギャラリー門さんの投稿 2018年6月16日(土)

沢山の産地の陶磁器の器が見られますので一度いらしてみてください。
中央区銀座6丁目7−4 銀座タカハシビル3F 銀座ギャラリー門

九谷美陶園通販サイト
豆皿
七夕文木瓜皿
蝶文様菊形六寸鉢
蕎麦猪口
染付なずな文そばちょこ


この5月にニューヨークのメトロポリタン美術館に息子や孫娘と行きました。
2ケ月程前に九谷美陶園に来られたお客様が其処のシェフで、奥様は私共の器を全部欲しい等とお気に召して、色々とお求め下さいました。


来られた彼にレストランの事を教えて頂いたのですが、窓の外は緑の木々に面して気持ちの良い所でした。
会員の方が主に来られるのか美術館の中でも一寸分かりにくい所にありました。

<
オードブルはパテにしました。お皿は日本製で似合っていますね。パテは良いお味で美味しく、自宅でもこの味にトライしたいと思いました。付け合わせは甘めのイチジクでした。


メインはお魚よりはと思って私はステーキです。この赤身は柔らかくてお味も中々でした。


<デザートはさっぱりとシャーベットです。器は全部日本製でした。 (76th street BOULUD で、牡蠣や伊勢エビや、デラックスなデザート等良いお料理を頂きました。 写真が無いので 日本の食器を使って居るメトロポリタン美術館のランチを載せました。) 下記はシェフの奥様がお求め下さった器です。 ・魯山人写し赤絵獅子文様鉢   

手起し牡丹文様飯碗
 

吉田屋手兎文様足付六寸角皿 

・山本長左 青華祥瑞手豊穣文盛鉢
 

・ナイフ&フォークレスト(水玉市松文様(赤)・石畳文様(緑・紫) 

 

春節のお客様は色々な国から石川県加賀市山代温泉に来られました。
 (1) 台湾からのご家族
 奥様のご趣味は油絵で、ご子息はパリに留学したフルート奏者、ご主人はビジネスマン。無可有さんに4泊されているお幸せなご家族です。
吉田幸生さんの器も気に入れられたので、今度お出でになられたらご一緒に吉田さんにご案内出来ればという事になりました。
九谷美陶園の器はお楽しみの王で様々な種類も器を沢山お選びくださいました。
季節替わり木瓜皿 1組、魯山人葉文楕円皿、白梅文八寸細長皿、その他沢山
 魯山人写しはこちら

(2)シンガポールからのご夫妻
 お気に入りの無可有さんに何度も来られていて、又近いうちにお出でになるという。写真は奥様だけで、素敵なご主人は写って居りません。
九谷美陶園では下記の器を柄違いで12個(1ダース)でした。
縞文足付六寸皿染入さらさ文足付六寸皿間道文足付六寸皿 

(3)マカオからのご家族
 ご主人は日本がお好きで独身の頃から日本来られた回数は、数えきれないほどと
とおっしゃいます。先ず日本の人達が良くて、次に食べ物が美味しいと言われます。お求めは古九谷手菊桐文盃等。

(4)マレーシアから
 矢張り度々日本に来られておいでの方で、色々なお店をご覧になられ、古九谷写しの尺2ほどの上等な飾り皿をお求め下さいました。
古九谷写し花鳥文様の尺二皿(山岸雄三作)。

お客様のお買い求められた九谷美陶園の器は伝統的な文様が多く、お土産、贈り物としてお使いになられるようです。


こんな素敵なお雛様(おひなさま)を頂き、皆々思わず「可愛いー!」と感嘆の声をあげました。30年1月末においで下さったご夫妻の奥様が手作りなさったお雛様です。立派なお着物を着ていて、お顔が何とも可愛く描かれています。信じられないほどの出来栄えのお雛様頂き、感謝と共に新しいホームページの最初のブログに出させて頂きました。
写真の右奥の”雛文様五寸飾皿(¥8640)”は、直径16センチの大きさで、お手頃な贈り物にお求め頂いております。


スポーティーなご様子のご夫妻のご趣味は山登りで、あの白山や立山に何度も登られたそうです!!
ご主人はお仕事の傍ら、ピアノを弾かれショパンがお好きなので”雨だれの曲”等様々な曲をを独奏でもコントラバスやバイオリンなどとも弾かれて、度々ボランティアとして演奏なさっておいでです。

この”道具づくし”と”手起し山帰来文マグカップは、ご夫妻が九谷美陶園の喫茶コーナーで召し上がられた時の器をお気に入ってお求め下さいました。
左側の”道具づくしのコーヒーカップ”は日本に伝わる独楽、鳩車、蝋燭、などを染付で描いており、懐かしい文様です。
赤い実の付いて居る”山帰来(さんきらい)”は山に入った人がこの実を食べて元気になって帰ってきた”と言う意味の名前なので、山登りが趣味のご夫妻には、ぴったりのカップと思います。
それぞれ”カップ¥4320、ソーサー¥3240”
ショッピングサイト新規会員登録でお得なポイント特典(2018年4月末まで)