令和元年母の日は5月12日、父の日は6月16日 九谷焼が人気です

毎年、母の日、父の日の贈り物を迷われていてまだ決まってない方もいらっしゃることでしょう。

母の日の贈り物、父の日の贈り物に人気の九谷焼を送りましょう。

九谷美陶園の母の日一番人気は九谷焼アクセサリーです。

母の日のおすすめの九谷焼

父の日のおすすめは何にでも使えるフリーカップです。

父の日のおすすめの九谷焼

九谷美陶園は3年前から和装小物を開発し始めました。10月に日本橋で開催される”きものサローネ”にも2回出展させていただきました。和装小物は季節感が大切ですので季節ごとに手描きで描きました。

九谷赤絵扇文様楕円帯留(三分紐)

九谷桜文様楕円帯留(三分紐)

九谷花火文様楕円帯留(三分紐)

九谷兎文様楕円帯留(三分紐)

今年の4月からは着物の専門誌”花SAKU”にも一年間掲載して頂くことが決まりました。

銀座器ギャラリー門様にも展示していただきました。

お皿の大きさのご質問が多いのでどんなお皿が何寸かどこを計っているかを説明します。

まず一寸は約3センチです。器は一番長い直径や辺の長さを計り例えば12センチの丸皿は12÷3≠4寸皿となります。

測り方は円形、角型だと一番長い部分、四角、長皿は長いほうの辺を測ります。

丸いお皿 約18センチ=六寸皿

四角いお皿 約18センチ=六寸角皿

楕円のお皿 約25センチ=八寸楕円皿

八角形のお皿 約27センチ=九寸八角皿

長四角のお皿 約24センチ=八寸長形皿

 

皆さんもお持ちのお皿を測ってみてください。

昨年から自社通販サイトを立ち上げてから沢山のご注文を皆様から頂き有難うございます。そのご厚意にお応えすべく会員ステータスの基準を以下のようにいたしました。

ブロンズ会員 入会と同時

シルバー会員 10000ポイント→累積5000ポイントで10%永年値引き

ゴールド会員 20000ポイント→累積10000ポイントで15%永年値引き

また、店舗でお買い上げいただいても、ポイントを加算いたしますので

その旨店のスタッフにお話しください。こちらでポイントを加算させていただきます。

その他会員登録で5つのお得が御座います。

詳しくは以下のページをご確認ください。

会員ステータス緩和のお知らせ

また、スマホからポイントや購入履歴の確認が以下のようにできます。

 注文履歴

とても便利になりました。いつでもどこでもスマホから確認できます(PCからももちろんできます)

シルバー会員、ゴールド会員目指して永年割引を手に入れてください。

【ふるさと納税で九谷焼がもらえる】

皆さん、ふるさと納税ってご存知ですか。
「知ってるけど…未だしてみたことはない」のではないでしょうか?
今回は石川県加賀市にふるさと納税をして頂くと、九谷美陶園の九谷焼が返礼品として貰えるという話です。

暮らしを彩る器で日々の食卓を楽しく豊かに。
季節のしつらえや伝統行事のテーブルコーディネートに。
お世話になっているあの方へ日頃の感謝を込めて。
お祝い事やアニバーサリーの贈り物として。

加賀職人がひとつひとつ手書きをし、それを工房の釜の火を絶やさず入れて出来た商品です。
贈り物には送る方の気持ちを形にして、丁寧に包装してお届けさせていただきます。

寄付額と返礼品の確認はこちら

https://www.furusato-tax.jp/city/product/17206/5?page=3

もっと商品をご覧になりたい方はこちらをご覧ください

九谷美陶園
www.Kutani-mfg.jp

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

加賀九谷陶磁器協同組合・九谷焼伝統工芸士会主催の展示会に今年初めて出品させていただくことになりました。期間中は在廊しておりますので是非ご覧になってください。

現代加賀九谷作家展ホームページ

 

日時:2019年1月16日~1月21日10時~20時(21日は18時迄)

場所:阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー

古九谷写し吉田屋手の大皿、大鉢や吉田屋手の燭台、香炉(写真)、普段使いのオリジナルデザインの器等出品いたします。

最後に今年から寺前瑛生(四代目)を継ぐことになりました。今後とも宜しくお願いいたします。

 

九谷美陶園ではお使いになるシーンに合わせたご提案をしております。

ご夫婦やご家族、お友達と語らいながらの食事は人生の大切なひと時です。

それを演出するのが料理の着物 ” 器 ” です。

器は料理の着物とは、彼の北大路魯山人が残した言葉です。

茶碗ペアの「結い」揃え
茶碗と箸おきペアの「しっぽり」揃え
茶碗と湯のみペアの「語らい」揃え

あなたは誰を出迎えますか?

http://www.kutani-mfg.shop/shopbrand/ct138/

 

日本橋高島屋7階特選工芸サロンに~暮らしを楽しむ和食器 九谷美陶園~出店させていただいております。

特設展は11/13まで開催させていただいております。その後も常設させていただいているので日本橋高島屋さんにお越しの際には是非いらしてください。

窯元を辞書で調べると『陶磁器を窯で焼いて作り出す所。また、その 陶磁器を作る人』とあります。
九谷美陶園は大正3年創業の窯元で初代、2代の大正、昭和の頃は轆轤(ろくろ)や成型の職人を沢山抱え作家さんにも多数供給しておりました。
3代の平成では器のデザインを大幅に変えモダンな九谷焼を作り大変好評でした。このように窯元とは成型から絵付けまでの工程を持って規模の大小はありますが量産できる(同じものをたくさん作る)という機能を持っているところと言えるでしょう。それとは別に作家、陶芸家は一点ものを作ることが多く一つの作品を沢山作るということはあまりしません。

以上の定義からお客様から加賀に九谷焼の窯元はいくつあるのかと聞かれることがありますが10はないのではとお答えしています。
それくらい今では九谷焼の窯元は少なくなっています。

その様な環境の中でお客様から工房見学できないのかという声が多く、今回九谷美陶園は工房見学を出来るようにいたしました。
ただ、専門スタッフを抱えているわけではないので成型工程、本窯、絵付工程、絵付け窯を10分くらいで見ていただく形になります。
ご希望の方は、お問い合わせください。

(株)九谷美陶園 07617-76-0227